北米産レザー


今回 15年以上続けてきた某ブランドの仕事が体力的にもキツくなってきたので

辞めることを決め その最後の一本のベルトを製作し

幕を閉じました



ベルトに使っている革は 北米産の牛革です

”ベンズ” という腰からお尻にかけての部位を使用


繊維がぎっしり詰まっており伸びにくいことから

ベルトに最適な部位として知られております



この北米産のベンズレザーを使い

15年前に息子用に作ったベルトも

素晴らしい経年変化を遂げました




北米産の革といえば

国柄なのか 分厚くて硬く荒々しい といった印象の素材の特徴があります

靴底に使うヌメ革などのワイルドな質感の革が有名です



仕上げも荒々しく

100年以上の歴史を持つアメリカのHorween Leather Companyでは

シェルコードバンがあまりにも有名ですが

裏面を見れば 染料が付きまくり

重要なブランドマークのスタンプもインクが薄すぎ


こんなことは当たり前のように

処理されてしまいます


このようなスタンプは奇跡のようにも感じます



しかし 表面を見れば

この質感


ホーウィンならではの圧倒的な鈍い輝きを持つ唯一無二の質感です


他にも

アメリカには 世界的に有名な素材を生産し続ける

素晴らしいタンナーが存在します。



”wickett&craig社”

こちらは150年の歴史を持ち

自社の牧場も経営し 原皮の調達から加工まで

一貫して行うこだわりのタンナーと聞いております





リュテスでは

これまでイタリアのレザーを中心に取り扱ってきました


イタリアの革にはない”北米産”ならではの

素材感をよく見てみたいということで

先日 浅草の問屋にお邪魔しました


ウィケット&クレイグ社のレザーも

日本で有名な”栃木レザー”も

北米産の原皮を使用しておりますので

じっくりと見定めてまいりました


中でも注目すべきは

やはり”wickett&craig”の素材です





こちらはハーネスレザー

オイル ワックス 獣脂をミックスし芯まで浸透

ワイルドな風合いと柔軟性を与え プルアップの表情を際立たせています

革の名が示すとおり 強度と耐久性が求められる

“ハーネス(手綱)用” 極厚極上品です

他社のハーネス用と違い 出来る限り引き伸ばさず乾燥しているとのこと


染色のないヌメ色ではありますが

オイルが芯まで浸透しているので

すでに茶色になっています


折り曲げれば元の色が浮かび上がります

本物のプルアップレザーの代表格ではないでしょうか

素晴らしい質感です




こちらは”オイルラティーゴ”

ハーネスレザー同様に

革の吟面(表面)を残した状態で

タンクに蓄えられたワックスとオイルの混合液に一定時間浸し

ワックスを浸透させることを特徴としているので

強度と柔軟性を兼ね備えています


こちらもプルアップが素晴らしい




他にも

こだわりの栃木レザーの中でも

特別にこだわった素材もしっかりと見てきました


今まで扱っていなかった革で

素晴らしい素材は世界中にあります


今後も新たな素材探しを続け

新しい発見を探っていきたいと思います