折財布giglio

神奈川県 O様


今回はオーダーいただきましたgiglio折財布のご紹介です


「飾らぬ美しさ」


をテーマに 2つ折財布の形を

”0”から再思考し 形にしました



giglio=百合の花


コインケースのマチは、百合の花をイメージしたもの

花言葉は「純粋」「無垢」



中身を収納し2つに折りたたむことで

コインケースの膨らみとカード段の重なりが

どう見ても噛み合わない という問題を

少しでも改善すべく

無駄を省き 必要なものは加え

機能美 丈夫さを追求し 飾らない美しさを表現しました


糸切れを防ぐため

表面のステッチはできる限り排除



パーツ1つ1つにこだわる


 ほぼ全てのパーツをベタ貼りし

 薄くても張りがあり しなやかで強度のあるパーツを作り出します


 ベタ貼り=一つのパーツが表面 裏面 共に銀面(革の表面)となるよう貼り合わせる技術

      



札入れ部分にちらっと見えるハーフサイズの仕切り

厚みを抑えるため

仕切りはハーフサイズ

札入れを開いたときにきちんと分かれてくれるので

使いやすさに定評があります


また コインケースは差し込み式の蓋で

コインの膨らみが表面に出にくく

差し込み部分の蓋の長さを微調整しているため

コインが抜け落ちない構造




表面の革は内側に丸め込むようにすることで

負荷がかからないため壊れにくく丈夫

これにより ”ゆとり” が生まれ

お札の出し入れがしやすくなりました


カード4

コインケース1

札入れ1(仕切り有り)

フリーポケット1




今回お選びいただいた革は

ミネルバリスシオ /ブラック


麻糸は MeiSi/18 ブラック





カード段下にちらっと見えるのは

イギリス王室御用達のフォント

”Palace script”

ヴィンテージレタープレスを仕入れ

味わい深い名入れ刻印を打刻しました


写真ではわかりにくいのですが

giglio折財布に限っては

ステッチラインが通常よりも細かい間隔のものを採用


通常は3mm幅のステッチなのですが

こちらは2mm幅のステッチ


全て手縫いで仕上げており

目が細かい分 非常に時間のかかるステッチとなりますが

細部にまでこだわりが詰まっております

フランスを代表する ”ブランチャード” エルメスでも使われている伝統的なツール






飾らぬ美しさ


使い勝手 機能 丈夫さ 美しさ を

バランスよくまとめたgiglio折財布

シンプルだからこそ 細部にこだわりました


あなたのお好みのカラーにて製作いたします


giglio折財布のショップページを見る


革の色 糸の色の組み合わせを試してみる