top of page

Tシャツ/BABRAT〜シルクスクリーン印刷〜



次男が13歳の頃

「自分のブランドで服を作りたい」と言い出し

バブラットという名前で始めました


最初は、携帯アプリでデザインを作って

Tシャツ屋にデザインをプリントしてもらっていましたが

シルクスクリーン印刷をやってみたい、とのことで

そこから、試行錯誤が始まります




木を切る、ということから始まり

木枠作り、スクリーン紗張り、感光乳剤塗布

そして、ダンボールで手作りした露光機にて露光

洗浄して、ようやく印刷する運びとなります




何度も失敗を重ね、一歩ずつゆっくりと経験を積み

少しずつ形になってきました




初めての成功は本当に感動!

美しいデザインと、かすれひとつ無い綺麗な仕上がり





BABRAT classic T

なんのデザインなのかは教えてくれません

歪みのあるネットは、口数少ない息子の

心の奥底を表しているのか…

とても印象深いデザイン





GENKOTSUSENBEI

自身の手を撮影し、せんべいを拳骨で割った瞬間をデザイン


背中にも文字が入ります

意味はわからないけど…





Tシャツは、アメリカンアパレルの6オンスを使用




白の中でも発色の良い白と

ザラ感のある素材感が魅力的




バランスよく配置されたデザインが良い感じです




ショップも始めました







Comments


bottom of page