バダラッシ社の銘革”waxy”コンパクト財布


今回は、オーダーいただきました

コンパクト財布cw-01のご紹介

日本ではルガトなどで有名なベルギーのタンナーmasure社「ベルギーヌメ」

ここのヌメ革は、限りなく白色に寄った無垢な色

繊維の詰まったきめ細かい質感が秀逸で

ヌメ革の中でも特に上質な素材です

今回はお財布のインナーのメイン素材にヌメ革を使用


表面には、イタリアのバダラッシ社の銘革「waxy」

Waxyはオイル感の強い、プルアップレザーとなります

ダイナミックなシワが、ワイルドな雰囲気を醸し出しております

Waxyはとても強靭な素材で、傷にも強く大変魅力的な素材です。


挿し色のピンク色は同じくバダラッシ社の「ミネルバリスシオ」

最もポピュラーなスムースレザーですが

他の素材とは一線を画す、なめしの段階で牛脚油をたっぷりと染み込ませた

世界で最もエイジングを堪能できる「革らしい革」


コンパクト財布の表面の革は裏打ち(裏側にも革を貼り合わせる)しています

裏打ちの際、合わせる素材の個性によって、革の厚み、硬さ、強度など

目的に応じて調整しています。


Waxyは若干ですが、柔らかめな素材に対し

リスシオを裏打ちすることにより

通常よりも”強度を持ったしなやかさ”が増し

同じ素材でも、違った質感を味わうことが出来ます

この辺の質感の差までも、楽しんでいただいている

オーナー様には頭が下がります。


今回は3種の素材を、淡い色調でまとめ

実に見事な美しい配色をお選びいただきました。

どのようなエイジングが味わえるか

期待の膨らむお財布に仕上がりましたね。

素材:masure社/ベルギーヌメ

   バダラッシ社/waxy(ノーチェ)

   バダラッシ社/ミネルバリスシオ (Rアンティコ)

麻糸:MeiSi/2...khaki