プエブロ経年変化/ペトローリオ

最終更新: 2日前


今回はエイジングサンプルとして

プエブロレザーのペトローリオをご紹介いたします


プエブロは ミネルバリスシオ よりも油分が多く含まれているようなので

ミネルバとは違った表情の経年変化をみせます

どちらかというと「マットな質感」でしょうか


こちらは未使用の写真


約1年仕様後


水色感がなくなって

深海のような深いブルーへと変化しました


鈍いツヤ感が良い感じです

プエブロ特有の

表面のカサカサ感はなくなり

しっとりした滑らかな手触りに


使い始めて1年ほどなので

今後の色の変化はまだまだ進みます


さらに使い続けると

より深い色味に変化していきます


今回は 使い始めてから1年ほどのgiglio折財布

お尻のポケットに入れて使い続けてみました

今後 さらにどんな変化を見せてくれるのか楽しみです





-PUEBLO-

創業者であり、研究家でもあるバダラッシ カルロ氏が自身の理論を実証するために

1000年以上前からのバケッタ製法という革の鞣し技術を忠実に再現し,

牛脚油を芯まで浸透させることにより、他の追随を許さない独特の素材を生み出すことに成功しました

イタリア植物タンニンなめし協会が認める

古典的な植物タンニンなめしの製法の中でも

牛脂をメインとした秘伝のオイルを使用した

バケッタ製法で作られる「プエブロ」は

あえて表面を削り 素材が持つ力強さを露にしました

カサカサとした紙のような素材感は独特で

手に良く馴染み プエブロのみが持つ素材感は圧巻です

「半起毛」した銀面は

ご使用ごとに 毛羽立ちがなくなり

たっぷりと染み込んだ牛油が上がって行き

銀面が潤いのある色艶に包まれ、

唯一無二の質感をお楽しみいただけます